簡単に作れる離乳食レシピ!時短メニューでストレスフリー

料理をするママのイラスト

離乳食を作るのって、簡単そうに見えて実は結構手間がかかったりしますよね。

こどもはとってもかわいいとはいえ、世話をすることだけて身も心も疲れてしまうのに、離乳食に時間をかけるのは気付かないうちにストレスをため込んでしまう原因になりがちです。

今回は、短い時間で簡単に作れる離乳食のレシピを時期ごとにご紹介します。

体力を使う毎日からすこしだけ力を抜いて、心からこどもと笑顔で接することができるようぜひ参考にしてみてくださいね。

離乳食初期から中期の簡単レシピ

かぼちゃおかゆ

(参考:https://cookpad.com/recipe/5443292

離乳食開始直後から中期にかけてはこどもが好き嫌いをしてなかなか食べてくれなかったり、機嫌が悪くて食べてくれなかったりとうまく食べさせられないこともありがちですよね。

そんな時にはかぼちゃの甘さがおいしいかぼちゃおかゆなんてどうでしょう。

きっと、甘くておいしいこのおかゆなら、喜んで食べてくれるこどもも多い筈ですよ。

・材料(離乳食初期/中期)
ごはん  25g/25g
水    150ml/75ml
かぼちゃ 15g/15g
しらす  お好みの量
青のり  お好み

・作り方
1.しらすは茹でて塩抜きし、かぼちゃは5mm角くらいに切って柔らかくなるまで茹でておきます。

2.鍋にご飯と水を入れて中火で煮立たせる。煮立ったたら弱火にし、おかゆ上になるまで煮ます。

3.かぼちゃとしらすを入れ少し煮て混ぜたら完成!器に盛ったらお好みで青のりをかけてもOK。

・ポイント
離乳食初期の場合はかぼちゃとしらすはつぶしてペースト状にしましょう。

離乳食中期の簡単レシピ

にんじんスープ

(参考:https://cookpad.com/recipe/5442839

食への興味が大幅に広がると言われている離乳食中期

栄養バランスに気を付けた離乳食を考えるのも結構大変ですよね。

そんな時は、甘くて食べやすいにんじんのスープがおすすめです。

栄養も取れますし、甘いのでこどもも満足できること間違いなしですよ。

・材料
野菜のだし   80ml
牛乳      ほんの少し
にんじん    15g
じゃがいも   15g
ピーマン    15g
大根      15g
クリームコーン 15m

・作り方
1.じゃがいもは茹でてつぶし、にんじんはすりおろし、大根とピーマンは5mm角に切って茹でておきます。

2.野菜だしを鍋に入れ、煮立たせる。煮立ったら材料をすべて入れます。

3.煮立たせながら混ぜて、完成!

・ポイント
牛乳は入れなくても大丈夫ですが、初めて牛乳を体験させるにはぴったりです。

にんじんはすりおろすのではなく角切りで茹でても良いでしょう。

離乳食後期の簡単レシピ

手づかみ食オムライス風

(参考:https://cookpad.com/recipe/5434356

だいぶ食べることになれてきて、もぐもぐしてから飲み込むことが上手になってくる離乳食後期。

このころになると、はぐきで噛みつぶせるくらいの少しだけ歯ごたえのある離乳食を食べられるようになってきます。

初期や中期の頃に比べ好き嫌いやアレルギーなどもわかっていることがほとんどで、食材を選ぶのはそこまで時間がかからなくなってきたのでは?

そうなったら、やっぱり時間がかかるのは作ること。

今回ご紹介する手づかみ食はとっても簡単に作れるので、ぜひ参考にしてみてください。

・材料
ご飯       50gくらい
卵        1/2〜1個
ケチャップ    小さじ1/2くらい
コンソメ(粉末) 小さじ1/4くらい

・作り方
1.すべての材料を混ぜてフライパンにいれて両面焼きます。

2.焼きあがったらフライ返しでカットして完成!

・ポイント
混ぜて焼くだけの簡単レシピでストレスフリー。

まとめ

いかがでしたか。

離乳食というのは栄養のバランスを考えたりこどもの好き嫌いを考えたりしながら、いかにこどもが食べてくれるかとのたたかいですよね。

そんな時、レシピを考えたり作ったりすること自体にあまり時間はかけたくないと思います。

今回ご紹介した簡単レシピを参考に、できるだけ力を抜いてストレスをため込まず、楽しんで子育てをしていきましょう。