赤ちゃん用品は意外とかさばる!旅行や帰省の際に持ち物を減らす方法!

荷造りをするママの絵

お盆やお正月に実家に帰省する方も多いと思います。

小さいこどもや赤ちゃんがいるご家庭では、荷造りをするのもちょっとした一仕事になってしまいます。

我が家でも冬場では、キャリーバックにスポーツバック、リュックサックを持ち、必要に応じて手さげバックを持ったりして、とにかくかさばります。

そんな状態で、さらに赤ちゃんを抱っこヒモに入れて連れていくとなると、もう身動きがとりにくいですよね(失笑)

そこで今回は、旅行や帰省の際に、少しでも荷物を減らすための方法や工夫を紹介していきたいと思います。

旅行等で持ち物を減らすアイテム4選

ビニール袋・ポリ袋

これらの袋は色々な用途があります。

洗濯物を入れたり、オムツを入れて結んだり、持ち物としても薄いものなのでかさばりにくいと思います。

意外な使用方法としては、哺乳瓶や離乳食で使った食器類の消毒にも使えます。

赤ちゃんに使用するものは、ご家庭でも消毒液につけている方も多いかと思いますが、消毒液を入れる専用容器を持ち運ぶのは気が引けますよね。

小さめの容器を購入して消毒液につける方もいると思いますが、袋を使用するのが一番かさばらないと思います。

使い方としては、袋の中に哺乳瓶や食器を入れて、そこに消毒液を流し込みます。

袋の中の空気を抜きながら口を結べば、十分につけることが可能です。

その際、消毒液は何かの容器に移しておけば荷物も減ります。

使用した後の袋は捨てればいいだけなので、なかなか使える方法だと思います。

ボトルスタンド

これは上記で消毒した哺乳瓶類を立てて乾かすアイテムです。

ベビー用品店に行くと、コンパクトにたためるものが販売されています。

我が家で使用しているのは、シンセーインターナショナルというメーカーの、ボトルスタンドです。

消毒した哺乳瓶や食器を、清潔に乾かすにはもってこいですね。

ただ、そこまで清潔にこだわらない方は、キレイなガーゼの上に並べて乾かしても構わないと思います。

みなさんの育児スタイルに合わせて検討していただければ良いかと思います。

圧縮袋

これは大人でも定番だと思いますが、赤ちゃんの頃はタオルや着替え用の肌着、体温調節用の上着など、衣類関係も多くなるため、圧縮袋は重宝します。

我が家では、圧縮袋を使用するまでは衣類専用のバックとして、1つの荷造りをしていましたが、使用してからは他のアイテムも一緒に入れるスペースが出来るのでいいです。

とにかくタオルが一番かさばります。

赤ちゃん用にしているタオルは、きっとフワフワで、たたんでも厚みが出ますし、無理やり詰め込んでも、端の方がニュッと盛り上がってしまいます(笑)

ぜひ使用してみて下さい。

圧縮袋は100円ショップで、手巻きで圧縮出来るものが購入出来ます。

泡で出る詰め替えポンプ

これはシャンプーやボディーソープを携帯用に出来るので便利です。

やはり赤ちゃんの肌に使用しますので、旅行先にあるシャンプーでは心配なことはありますよね。

ですが、ご家庭で使用しているボトルを持ち歩くには大きいと思うので、3日分程度なら小さめのボトルに詰め替えると便利です。

泡の出るタイプは、100円ショップでも見かけますが、ドラッグストアやホームセンターのトラベルコーナーなら確実にあると思います。

まとめ

ということで、今回は旅行や帰省の際に荷物を減らせる方法を紹介させていただきました。

もちろん細かく紹介すれば、もっといろんな工夫はあるでしょう。

荷物になるから、旅行先で購入出来るものは購入して、帰りには捨てて行こうと考える方もいるかもしれません。

オムツやおしり拭きなんかはいいかもしれませんね。

なのでやり方は人それぞれですが、コスパを考えてみて今回のアイテムを紹介しました。

何か参考になって頂ければ幸いです。