良くも悪くもお付き合いは大切!ママ友と上手に付き合うコツ

2人の女性が仲良さそうに微笑む絵

子供の成長に併せて、避けて通ることができない存在がママ友です。

まだ、子供が赤ちゃんのうちは、人付き合いといえば、親戚やご近所さんが中心だったはず。

しかし、保育園や幼稚園に通い出す頃には、ママ友の存在が無視できなくなってゆきます

その理由は、子供が友達を作るから・・・です。

子供が友達を作れば、当然、ママ同士で話す機会が増えますし、逆にママ同士の仲が悪ければ、子供の友達関係にも影響する厄介な存在になってゆきます。

しかし、大人と、子供の世界は違います。

どうすれば、ママ友と上手に付き合うことができるのでしょうか。

ママ友を作ろう

気を使わないことが大切

まず、はじめにママ友をこれから作らなければならない・・・でも、どうして良いか分からない。そんな方にママ友の作り方からご紹介したいと思います。

はじめに、もし、あなたが、こんなタイプなら、すぐにやめていただきたいという注意点から。

それは、ママ友の人間関係を過剰に気にしすぎて、話しかけられなくなることです。

例えば、子供が保育園に入園したのをきっかけにママ同士の交流が増えたが、万が一、面倒な人間関係に巻き込まれて、子供の友達のママさんに嫌われることがあったらどうしよう。だから、まずは様子見。

実は、これ、ママ友を作れなくなる第一歩なのです。

多くの新米ママさんは、子供の成長に併せて、同じような危機感を持つものです。だからこそ、早くからママ友を作り、良好な人間関係を築けるように努力します。

そのような中で様子見をしてしまうと、周りのママさんの人間関係だけが、どんどん強くなってしまい、自分は取り残される一方。途中で、仲間に入れて!と言いにくくなり、周りからも協調性がないと白い目で見られてしまいます。

まずは自分から友達を作ってみる

では、どうしたら、ママ友を作ることができるのでしょうか?

正解は、子供の人間関係に左右されずに、まずは、自分が話しやすいママさんに声をかけてみることです。

天気の話しでも良いし、保育園の行事について質問してもよいでしょう。

何か一言を話しかけるだけで、すぐにママ友は作れます。

声をかけるだけで、ママ友を作れる理由。それは、先ほどお話ししたように、他のママさんも、「ママ友を作るにはどうしたらよいだろう」と悩んでいるからです。

そのママさんは、子供の友達の親でなくても構いません。ひとたび、ママ友を作ることができれば、先ほどの危機感により、どんどん周囲のママ友がつながってゆきます

いつしか、たくさんのママ友とつながることができるはず。

一言で言えば、考えすぎは良くないということになるでしょう。

ママ友を維持するコツ

親戚をイベントに参加させる

ママ友はできたけれど上手に人間関係を維持する自信がない場合は、できるだけ近場に住んでいる親戚に運動会やお遊戯会などの行事に同行してもらう方法があります。

理由は、地域の中で援助を受けられやすくするためです。

近場に住む親戚は、自分とは異なる人間関係を地域に築いているはずです。

子供の行事に参加してもらうことで、自分では持っていない人間関係のネットワークを使って、いわば情報発信をしてもらうことが可能になるのです。

例えば、「ウチの●●の息子が、この前、運動会で一等賞をとってね!」

この一言で、地域の中にウワサとして広がり、陰口や悪口を言われにくい雰囲気を作ることが可能です。

ママ友の人間関係で、もっとも怖いのは、やはり陰口、悪口。

女性の陰口はすぐに伝播するものです。それを封じ込めるためにも、やはり、地域の年功者たちに、いかに自分や子供の存在を理解してもらえるかが重要になってくるのです。

プライベートは見ざる聞かざる言わざる

そして、もう一つ、ママ友同士で上手に付き合ってゆくコツがあります。

それは、他人のプライベートに立ち入らないこと。そして、自分のプライベートに立ち入らせないことです。

例え、友達といえども、やはり、危機感から作った友達です。
あくまでも「子供のため」に作った友達関係であり、親友などの類いとは少し違う種類の友達であることには違いありません。

そんなママ友は、噂話が大好き。
自分がどれだけ、ママ友のヒエラルキーの上位にいるかということを、噂話を使ってアピールしてしまうことが多々あります。

要するに、噂話の種類の豊富さをアピールすることで、暗に「これだけの人間とつながっているのよ」ということを示そうとしてしまうのです。

これは、半ば致し方ないことではありますが、できるだけ、そのような噂話には参加しない方がよいでしょう。そして、噂話の話題にされてしまうことも避けたいものです。

そのためにはプライベートへはできるだけ立ち入らない、立ち入らせないことが大切なのです。

いかがでしたか?

ちょっとしたコツですが、ママ友と上手に付き合って、面倒なトラブルに巻き込まれないように過ごしたいものですね。