初めての赤ちゃんの名付けの際に考えるべきことと注意点

名札の絵




赤ちゃんが産まれる前には、衣類を揃えたり、様々なアイテムを揃えたりしますが、赤ちゃんのために出来るとても大事なことがありますよね。

それは赤ちゃんにつけてあげる名前を考えることです。

まだ性別がわからない時には、男の子だったらこう、女の子だったらこうと2通りの名前を用意する方も珍しくないと思います。

今回は初めての名付けで悩んでいる方に、考え方のポイントや、気をつけなければならない点を紹介したいと思います。

機能的な育児グッズや、おしゃれでかわいい出産祝いアイテムが揃う【I love baby(アイラブベビー)】

初めての名付けの注意点

誰が名前を考えるのか

まず名前を考える際に、自分たちで考える方、親に考えてもらう方、他にも尊敬する人に考えてもらう方など様々です。

自分たちで考える方の場合、その名前への愛着は大きなものとなるでしょう。

ですが親に相談しないで決めてしまうと、あまり受け入れられないこともあるようです

産まれてくる赤ちゃんにとって、おじいちゃん、おばあちゃんとなりますので、サプライズでもない限りは、一言相談してみるのも悪くないと思います。

我が家でも、考えた名前を初めて親に伝えた時は、少々間が空いたので、きっと世間一般でも、初対面ではその様な反応をされる可能性がありましたね。

その後に修正を加えて今の名前に決まりました。

考えた方も初めは自信をもっていて良い名前だと思うのですが、日が経つにつれて、少しずつ不安になってくるものです。

ぜひ産まれてくる赤ちゃんのためにも親に相談してみて、反応を確かめてみてください。

また尊敬している人に考えてもらう方法もまれに聞きますが、どちらかというと、芸能人や著名な方に多いように感じます。

いくら尊敬している人だとしても、受け入れにくい名前を考えてこられる場合もあるかもしれませんので、断りにくいでしょうし、注意が必要です

字画などを参考にする

昔から姓名判断や運勢を占う方法で、字画を検討しながら考える方も多いと思います。

字画が良いと、それだけで安心感がありますし、何となくこどもに期待してしまったり、親としても楽しみが増えるかもしれませんね。

ですが字画にこだわりすぎると、本当につけたい名前になかなか辿り着かないこともあり、妥協してしまう方もいるかもしれません

なので、あまりこだわり過ぎずに、つけたい名前で出来るだけ良い字画を狙った方が、考えるストレスが減るかもしれません

ちなみに私ですが、漢字だと字画は結構悪い方でしたが、何だかんだ楽しく生活出来ています(笑)

好きな漢字を混ぜる

これも良く聞く方法で、その名の通り好きな漢字を混ぜて名前を決めます。

親の名前から1字とって名前をつける方法もこれにあたりますね。

字画のことを除けば、大変オーソドックスな決め方であると思います。

ですが好きな漢字となると、その時のトレンドによっては、似たような名前の赤ちゃんが多くなってしまうので気をつけましょう。

ただ自分たちの好きな名前がつけやすいので、愛着も沸きやすいかもしれませんね。

オリジナリティーのある名前にする

わざと古風な名前を選んでつける方もいます。

あえて戦国時代の武将の名前や、幕末の著名人の名前、昭和初期に流行ったような名前をつける方もいて、意外と今の時代だと格好良く聞こえる方もいます

他にも、キラキラネームなどといわれる無理やり読ませたり、当て字にしたりする方もいるでしょう。

ただこれらの名前は、おじいちゃん、おばあちゃん世代だったり、世間からは受け入れにくい名前であったりするため、注意が必要です。

あまりにも予測のつかない読み方をする場合などは、気をつけた方が良いかもしれません。

こどものうちは、かわいい名前で良いかもしれませんが、大人になったり、高齢になった時にも、その名前を背負っていくのは本人なのですから。

キレイに書ける漢字を使う

これは少し変わり種かもしれませんが、我が家が名前を考える際に使用した方法です。

私はあまり字を書くのが上手ではないのですが、妻は小さい頃から習字をやっていて、10段とか持ってるレベルなんです。

そんな私を見て、妻が考えた方法がこれでした。

例えば漢字を書く際の、とめ、はね、はらいがしやすくて、書体のバランスが取りやすい漢字を選んで組み合わせていきます。

実際私が書いても、バランスが良く書きやすい気がしています。

これならこどもが漢字で名前を書けるようになった時も安心出来ますね。

私には考えつかない方法なので、この場を借りて紹介させていただきました。

まとめ

以上、初めての名付けで悩んでいる方に、名付けのポイントと注意点を紹介させていただきました。

今は100歳まで生きてもおかしくない時代となっています。

つまり赤ちゃんの名前を考えて命名してから、100年近くその名前で人生を歩んでいくことになるでしょう。

格好良い名前をつけるのも、かわいい名前をつけるのも、そのご家庭次第ではありますが、先程も述べた通り、こどもが大きくなってからも、その名前を背負っていくのは本人です。

名前というのは、親から赤ちゃんへの一番最初のプレゼントと言われます。

ぜひ、こどもが大きくなった時に、この名前で良かったと思ってもらえるような名前を考えてみてください。