離乳食を食べない!よく食べるコツや進め方は?

赤ちゃんに離乳食を食べさせるママの絵

5ヶ月や6ヶ月を迎えると、離乳食がはじまります。

初めのうちは、なかなか食べてくれないので、せっかく作った離乳食を捨てなければならないことも。

離乳食を食べてくれない赤ちゃんに、上手く食べてもらうためのコツや進め方をご紹介します。

離乳食初期は焦らない事

離乳食を始めるのに大切になるのは、焦らない事です。

赤ちゃんはまだ生まれて5.6ヶ月です。

初めてミルク以外の物で栄養を摂るわけですので、まずは口の中に入れてもらって感触や味になれてもらうことが大切です。

完食は目指さずに、口に入れてもらうことを目指してみてくださいね。

味や食べる事に慣れてもらう

まずは、10倍粥からスタートです。

初めから飲み込む子もいれば、びっくりして吐き出す子もいます。

始めの1週間ほどは、ミルクメインで進めて、おかゆや食べ物の味に慣れてもらいましょう。

また、初めはなかなか飲み込まない子も、1週間、2週間と続けるうちに食べるものだと認識してきます

おかゆをごっくん出来るようになったら、人参やいもなどのペーストに挑戦してみましょう。

水っぽいものよりもとろみがあるもの

赤ちゃんは、水などのサラサラしたものよりも、ミルクなどのとろみがある物の方が飲み込みやすいといわれています。

とくにまだ体が未発達な赤ちゃんはものを飲み込むのが下手です。

しかし、ミルクやペーストなどのとろみのあるものは、赤ちゃんでも飲み込みやすいので、離乳食でスープをあげる時などにもとろみをつけてあげると良いですね。

うま味よりも甘みがあるもの

赤ちゃんの舌は、出汁などのうま味よりも先に、果物やさつまいも、コーンなどの甘みの方が認識しやすいといわれています。

子供によって好みや個人差もありますが、食いつきが悪いと感じたら、甘みがある食材を混ぜて試してみるのも良いかもしれません。

特にさつまいもやかぼちゃは初期から食べさせることのできる食材です。

まずは食べやすいペーストを少しずつ食べさせてあげましょう。

中期からは楽しく食べさせる

中期に入ると、ペースト状から少しレベルアップして、舌で潰せるくらい柔らかく煮た細かい食材も試すことができるようになります。

しかし、慌てて固形を食べさせなくても大丈夫です。

まずは「食事は楽しいもの」と覚えてもらいましょう。

汚れてもすぐ洗える環境にしておく

離乳食中期ともなると、今までよりも食器や食べ物に興味を示す子供が増えます。

そうなると、食卓の上が離乳食で荒れてしまいがち。

後片づけが大変だと思う気持ちはグッとこらえて、ニコニコしながら食事を進めてあげましょう。

中にはイスを嫌がって泣く子や、抱っこを抜け出そうとする子もいます。

この場合は機嫌が直るまで食事を中断したり、可能であればつかまり立ちさせながらなどでもかまいません。

ママのストレスが少ない方法で、赤ちゃんが楽しく食べられる方法を見つけましょう。

掴み食べをすると食べることも

スプーンで口元に運ぶと口を閉じる子でも、掴み食べは得意な子もいます。

細かくした柔らかい食パンや、赤ちゃん用のせんべいなどから掴み食べをしてみてもいいかもしれません。

ある程度口をもぐもぐ出来るようになったら、野菜でお焼きを作ってあげるのもオススメです。

後期でつまづくことも!焦らずゆっくり

後期に入ると、大分食事内容も大人に近づいてきますよね。

少しずつ食べ物の粒も大きくなってきて、食べられるものの種類も増えてきます。

しかし、後期になっていきなり食べなくなることも多々あります

そんな時には食事内容を少し戻してみましょう。

固形がダメなら半固形に戻してみる

後期になると、野菜の粒も大きくなりがちですが、いつもより食べにくいと感じた子は食べるのをストップしてしまう子もいます。

そんな時には粒をくずして、中期で食べさせていた時と同じような内容に戻してみてください。

粒の大きさや味付けに慣れるまでは、食いつきが悪いこともあるので、焦らずにゆっくりと進めてあげましょう。

よく食べるものをベースにして少しずつ混ぜる

このころになると、特に好き嫌いがはっきり出てくる子もいます

好き嫌いがある子には、好きな食べ物をベースにして栄養をまんべんなく摂れるよう工夫した食事にしてあげると食べる子もいます。

嫌いな食べ物はフードプロセッサーなどで形をなくしてしまうと気付かずに食べてくれることも。

同じ食材ばかりにならないよう、ベビーフードなどを活用しながら上手く栄養を摂ってもらいましょう。

ホットケーキなどおやつ感覚にする

ご飯は食べないけどおやつならよく食べる、という子には、ホットケーキなどに野菜を混ぜ込んでおやつ感覚の食事にするのもオススメです。

ほかにも、野菜をフルーツと混ぜたミックスジュースにしてみるなど、子供でも食べやすくしてあげると栄養が偏りにくいです。

離乳食が進まないと焦ってしまいがちですが、まずは食べられるものから楽しんで食べてもらうことが大切です。