テレビに近づく・叩く!子育てで危ない行動を防ぐアイテムと工夫!

テレビに近づいて見ている子供の絵




こどもが1歳を過ぎてくると、つかまり立ちや、つたい歩きが上手になってきたり、多少の段差ならよじ登れるようになってきます。

当然の様にリスクは増えてきますね。

ウチの長男も、ローテーブルやテレビ台によじ登れる様になってからは、何度注意をしても繰り返してしまい、その度にヒヤヒヤさせられています。

注意したとしても、まだ理解が出来ない頃なので、きっと長男も、
『何大きい声出してるの?』
『こんな事も出来るんだよ!』
みたいな事しか思ってなかったのかもしれませんね(失笑)

実際のところはわかりませんが(笑)

また、つかまり立ちが上手になることで、どうしてもテレビ本体やテレビ台、イスの様に不安定なものにつかまって立ってしまうことが多くなるので、より目が離せなくなります。

ただ、何が起こるかは予想がつかないので、こうしたリスクが考えられる状況の時に限って、キッチンで手が離せなかったり、洗濯物を取り込んでいたりするんですよね。

今回はそのようなリスクを軽減出来るように、我が家で経験した、長男の危ない行動をやめさせるための、子育ての手助けが出来るアイテムと、工夫を紹介していきたいと思います。

マタニティ&ベビー&キッズ服ならここ!

子育て中のテレビ周辺での危ないを軽減

ベビーサークル

ベビーサークルとなると、ずりばいやハイハイが出来る様になったこどもが入っていたり、ペットが近づけないようにするために利用することが多いと思います。

ですが我が家では、テレビ台を囲んで、テレビに近づけない様に設置しています。

この置き方だと、テレビ台の前面と側面しかカバー出来ず不安定なので、柱やテレビ台の脚とベビーサークルをベルトで固定して、安定させています。

テレビ台とサークルの間に隙間を作ることで、テレビに手が届きにくくなり、テレビ本体につかまり立ちをして、テレビを倒してしまったり、倒れてきたりしてケガをする様なリスクを軽減できます。

我が家では、テレビを倒すまではなかったのですが、画面をバンバン叩いて、液晶が壊れてしまったという事例もあるので、これからその時期を迎えるご家庭は、参考にしていただければ嬉しいです。

また、近づきすぎを防止出来るため、多少は目にも優しいかと思います。

目を守ることに関しては、このあとに別のアイテムでまた紹介します。

ベビーサークルの購入ですが、普通に買うと、そんなに安いものでもないので、我が家ではリサイクルショップで購入しました。

物によっては、新品よりも半額以下で購入出来るので、オススメします。

キッズソファー

キッズソファーは、こどもが大好きなキャラクターもののソファーを使用しました。

みなさんのご家庭でも同様なのかもしれませんが、ウチの長男はテレビがついていると、テレビ台につかまり立ちをしながら、至近距離で見ている事が多かったです。

目にも悪いと思うので、もう少し離れて、座って見るように声がけをしますが、やはり理解は出来ていないようでした。

その都度テレビから離して見せてはいたものの、徐々に近づき、結局また至近距離で見ているという繰り返しでしたね。

そこで購入したのがキッズソファーです。

長男の好きなキャラクターなので、気に入ってくれたようで、自分から座りに行くようにもなりました。

これはたぶんですが、私たちもソファーに座っていることが多いので、長男もマネをして座ってくれていた可能性もあります(笑)

とりあえず、テレビとキッズソファーを離して置けば、自然と離れて見ていてくれるので、思った以上の効果が得られました。

これは布製品なので、中古は少し敬遠したかったので、ベビー用品店で購入しています。

キッズソファーに工夫

先ほど紹介したキッズソファーに、1手間加えることで、テレビに近づくことを防ぐ効果をアップ出来ます。

裁縫が出来る方なら簡単に出来ます。

用意するものは、針、糸、はぎれの布の3つです。

方法としては、ソファーの肘かけに、はぎれの布を縫いつけるだけなのですが、こどもが座った状態で、引っ張れる長さであれば良いと思います。

我が家では、布で輪っかを作って縫いつけたものと、伸ばしたまま縫いつけて、先端だけ固く結んで握れる様にしたものの2つを縫いつけました。

そうすることで、座ってテレビを見たまま、布を無意識に引っ張っているので、座っている時間が長くもちます。

やはり、ただ座って見ているよりも、手元に何か変わったものがあると、触りながらが出来るので飽きにくいのかもしれないですね。

ただ欠点はあり、こどもの引っ張る力が強すぎると、ソファーを痛めてしまうこともあるので、必要に応じてかと思います。

我が家では、長男の集中力が不足していたので、すぐに動き出さないように、この工夫を行いました。

3歳手前のこどもの現在までの効果

いかがだったでしょうか。

今回は2つのアイテムと1つの工夫しか書いていませんが、我が家ではこれでこの時期を乗り越えました

今では離れてテレビを見るクセはついたので、やっておいて良かったと思います。

各ご家庭でのやり方もあると思いますので、もし手段に困っていたら、ぜひ参考にしてください。